(新素材)マジックスカルプ(その1)

日曜造形をやっておりますと、たまに、ちょっとした新素材や道具に出会うことが
あり、そんなときは、マタタビをスニッフした猫の如く、もんどりうって
“ほしい、ほしい”しちゃうわけですが、価格を見ては郡津の中に
住んでいるブラック郡津猫が”お小遣い程度では手が届かないよな”てな感じで
つっこんできてあきらめちゃうこともしばしば。今回はそんなしばしば感を
吹き飛ばして購入しちまった新素材”マジックスカルプ”のご紹介です。


・マジックスカルプ
magic.JPG
物としてはエポパテに該当します。
物性の感想説明をする前に、こいつとの出会いからちょい説明させてください。
ショタケ帰りに新しくできたアキバの鉄道系ホビーショップに立ち寄ったのですが
そこでこいつを発見。そこではエポレジンプロの新製品?くらいにしか思わず、
しかも、高かったので、”大阪まで歩いて帰る訳にはいかんよなぁ”と
あきらめた次第。
しかし、”マジックなスカルピー(?)”という響きが頭からどうしても離れられず、
大阪に戻ってからググって見ると、
スカルピーのように良く伸びきめが細かく、
ハンドリングが良く、硬化はおよそ1時間後からスタート。
硬化後は樹脂質で、エポパテのように加工し放題、と。
ここまでくれば、もう買っちゃうしかありませんよね。
後に、どんな結果が待ち受けていようとも。ORZ
で、さらに大阪で安く入手できないか調べてみると、怪物屋さんというところで
セールで安いことが判明。
実は怪物屋さんというお名前はずい分前にとある事情があって存じ上げていたの
ですが、それについてはまた別の機会があれば。早速お邪魔しようと、MAPを見ると
これが仕事場の超近所。どれくらい近いかといいますとBダッシュで5分くらい。
で、早速Bダッシュで行ってきました。orz
怪物屋さんがどういったお店かはこちらをごらんいただくとしまして。
店内に入って早々プレデター(?)のフェイスやらイカした動物系のリアル造形物が
お出迎え。その方向性は郡津とはまったく異なるものです。
ぶっちゃけ、さっぱりわからん。
さっぱりわからんが、何かすごい!!

すごいというパワーはバシバシ伝わってきます。
おいらが作っているようなものは選り好みがあると思いますが、こちらに
おいてある作品はどれもこれも万人を唸らせることのできる作品ばかりです。
こういう作品にふれあうことができるというのは方向性とか関係なくとても
いい勉強になります。以降時々勉強させてもらいに伺うっす!
というわけで、セール中で格安のマジックスカルプをゲット。
3000円也ー。
検証はまた次回ー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。