ComicStudio Ver 4.0

こんにちは、会議をするならねこ喫茶。郡津です。
とりあえず今回のイベント原稿分は入稿してきました。
久々の紙ベースということで戸惑ったとこも大きかったのですが
今回、新ツールのおかげで、まぁなんとかなりました。
で、今日はその新ツールのご紹介。


・ComicStudio Ver 4.0 (セルシス)
このツールとの付き合いはVer1.0からになりますが
Ver 4.0では多くの機能が、かなり良くなっています。
この前の3.0は個人的にはどうにも使い勝手が悪く
2.5から乗り換えしづらかったのですがその点でもこの
4.0はかなりおすすめできます。
□ええとこ
 ・EPS等印刷所へ直入稿できる形式がサポートされた
 ・アクション登録でマクロ動作可(事前のレイヤ準備とか激楽に)
 ・ペンの書き味がVer3より良くなった(気がする)
 ・レイヤの取扱が明確になった
 ・グレーとかの取り扱いがしやすくなった。(最初からグレーで
  取り扱えば2値との行き来は自由)
 ・旧バージョンからの環境移行も(やろうと思えば)かなり
  完璧に近い状態でできる
 ・メッシュ変形などPhotoshopでも専用のプラグインが
  必要な機能が付いている
 ・家庭用レーザプリンタとかへの出力が最適化されている。
  (これは前から)
 ・ベータ版でのユーザトライが十分に生かされている
  (困った新機能などは旧版と選択できるようになっている。
  ベータテスターだったんでこのあたりはありがたい)
 ・ペンの鋭角折り返し処理が鋭角維持できるよう設定可能に
  なった
 ・縁取りとか境界処理機能が多様化した
 ・アートワークを回転させなながら描画するとき旧番では
  ジャギーがひどかったが新版ではどの角度でもかなり
  きれいな線になっている
□困るところ
 ・バグというよりかは変な仕様と思われる動作がいくつかある
  (入り抜き無し設定の場合、入りでインクがぽたりと
  落ちたようなペン球が発生することが多々ある。
  ・・・これ旧版でも初期にあったバグのような気が)
 ・ラスターの拡大縮小時の線補正が良くない
(前は良くなくてもSHDという結構使えるフィルタがあった
ので何とかなったけど、4.0では無いみたい)
というか、あんまり困るところがありませんな。
ええとこ取りに成功しているだけじゃなくて、
新機能紹介にも載せて無いような基礎のところにも
実は多くの改良点が入っているのは、ツールとして
かなり良心的です。
というわけでデジ環境への移行を目論んでおられる方、
いいものなんでオススメ、というか買え!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。