カテゴリー: フィギュア

これは何でしょう?

Published / by neko / Leave a Comment

「寝ようと思って室内灯の引っ張りスイッチを思いっきり
引っ張ったら天井ごと落ちてきました。プチ惨事です。どうしようorz」
こんにちは、郡津です。自宅の天井よりも心配な
次回イベントですが、特に変な事とかしないのであんまり
期待しないでいただけるとありがたいです。
実は現在、リハビリを兼ねて1個原型を作ってみようかと
思ってます。…というか作り始めてます。
ただ、昨日からのスタートで、まったりモードで
進行していますのでスクラッチには間に合いませんし、
そもそも頒布禁止物なので、ワンオフとして作る予定です。

(さらに…)

ぷっしゅあんどしーしーユニット 改造編

Published / by neko / ぷっしゅあんどしーしーユニット 改造編 への1件のコメント

WFでご好評いただいておりました”ぷっしゅあんどしーしーユニット”ですが問題点がございまして、G4thさんからも御指摘が重なりましたので、このたびめでたく(?)改良することとなりました。
・問題点
出力が強すぎ。0.5mm射出口プラグで1.5mも揚水。
元々シリコンチューブの内径3mm(揚水高5cm)の基準でしか考えていなかったため、射出口面積が狭いと内圧が集中してしまい、恐ろしく飛んでしまうんですね。これはこれでいいんですが、やはりスケールの小さいもので”しーしーモード”を実現しようとなると些か無理があります。
そこで回路的に何らかの制限を加えてやって調整してやろうというのが今回のTRYです。
・解法
実は、電圧を落とすだけなんですが簡単な問題ではないのです。
ポンプの定格は2.4V 単3-2本駆動で、内部構造はおそらくギヤポンプ、という代物。電源定格から察するにモーターはマブチのRE-280あたりでしょうから下限電圧は1.5V。変動マージン込みで1.7V程度なら安全圏ですから0.7~1V程度落としてやればいいことになります。お分かりですね?電池1本を削るだけというわけにはいかないのです。RE-280なら1本でもいいはずでは?と、思われるかもしれませんが必ずマージンが必要です。模型の世界ではあまり知られていないことですがモーター駆動において最も恐るべき事態は”ストール”です。ストールとは異常負荷などで軸がロックして回転しなくなることです。ストールが発生すると最悪電流値が一気に10倍程度に跳ね上がり回路や電池を破損させる恐れがあります。電池の自然減程度のストールであれば実害はありませんが電圧を落としすぎて定格ぎりぎりでストールが発生するような設定は電源が生きている状態では危険です。
そこで駆動回路に一味付け加えてやる必要があります。方法は色々ありますが、抵抗を使う方法はNG。モーターは負荷抵抗が変わるので厳密な必要抵抗値を測るのは実測しか方法がなく面倒です。
そこでとった方法ですが、整流用のダイオードを使いました。今回は定格が1A以上のU15BかV03Cを採用。整流用のダイオードは直列につないでやるだけで0.7~1V程度の電圧降下が得られるので、まさに今回の用向きにぴったりです。これを強弱切替スイッチ込みで接続してやることにしました。
・結果
とりあえず目標値の内径2mmで30CMの飛距離というのはクリアしました。また、ストールしない範囲で更にチューブをクリップ等でクランプしてやることで出力和5cm程度まで落とし込んでやることができました。
こんなもんでいいですかねーG4thさん。

ワンフェスでの出来事 その2

Published / by neko / Leave a Comment

その1でも書きましたが、ホビー系のイベントは初めてで
楽しかったことと同時に、色々な驚きもございました。
・”ディーラーダッシュ”って何ニャ?
カタログや放送で注意が促されていた”ディーラーダッシュ”。
何のことかまったくわからずに当日開場を迎えましたが、
納得。つーかこわいよー。びっくりしたよー。
何で各ブロックにディーラーが収まってるか確認してたのか
わかったよー。
お目当てのモデル目指して開場の合図と同時に大人数が
一斉ダッシュ!
気持ちはわからなくもないですが、アレはいただけません。
とにかく危ない。
そこで提案。
ディーラーの入場券は一律1枚にする。というのはいかが
でしょうか?まぁそれは極論だとしても、ディーラーの入場券は
出品物の作成者のみに発券するとか。
会場を盛り上げつつも理不尽な危険度を下げる妙案てのも
あると思うんですよね。
そもそも大人数で維持しなきゃいけないディーラーって
言うのも、なんだかパーソナルホビーの域を離れて
商業的になってしまい、こういったイベントの本旨から
外れると思うんですが。その辺皆さんはいかがでしょうか?
・TAT-CONとワンフェスの違い
ワンフェスはご存知の方でもTAT-CONをご存知じゃない方は
多いのではないでしょうか?百聞は一見にしかず。ごらん
いただければお分かりいただけるかと思いますが、扱って
いるものは同じでも、かーんなり方向性が異なります。
猫科のおいら、ワンフェスの異常なまでの制約の多さに悩み、
TAT-CONの様な自由度にあこがれておりましたが、
そこは些か思い違いをしておりました。上記の転売屋然り、
ディーラーダッシュについても然り。規制することが悪いの
ではなくて、規制しないことによって被る損失のほうが
遥かに大きいのです。特に大きなイベントは集団心理が
働きやすく、ともすればちょっとしたことで存亡の危機に
つながるようなことにもなりかねません。
“そんな悪さをする奴なんて一部じゃん”とか思っていたら、
もう明日にはそのイベントはなくなっているかもしれません。
無くしてわかる自由の価値・・・なんてのは恥ずかしいです。
無くなる前に一人一人が努力をしましょう。そういった
ワンフェスの主催者側の姿勢には大変共感がもてました。
自由は絶対的に”善”です。しかしながら自由でないことは
必ずしも悪ではない・・・そのように感じることのできた
有意義な二つのイベントでした。

ワンフェスでの出来事 その1

Published / by neko / Leave a Comment

ワンフェス2007/夏には多くの皆様にご来場いただきまして
ありがとうございました。ホビー系のイベントは初めてで
大変楽しませていただきました。
さて、その会場でのこと。
うちの近所のディーラーさんでディーラーさんとお客さん(?)
の間でちょっとした押し問答がございました。
小耳を済ませておりますと、
客(?):”これこれを売ってほしいのだが通販はやっていないのですか?”
ディーラー:”いや、あんたには絶対に売らない!”
といったことの繰り返し。
この客、転売屋か何かで過去あちこちで悪さしていた模様。
すっかり素性がわれております。その上この転売屋、先受注でも
受けていたのか、かなりしつこく食い下がります。
10分ほどの押し問答の末、ようやく転売屋と思しき客は
去っていきましたが、その間、それを聞かされていた関係のない
私ども、かなり不快でございました。
そのディーラーさんの筋の通った言い分には感動すら
覚えましたが、そこはそれ、他の参加者様もいらっしゃること
ですから、もうちょっとやり方があるのではないかと。
(うちのお客様もひいて逃げてしまいましたしorz)
クレーム処理はどこででもあるんですが、こういった場合は
別のところで話をつけるとか、できるだけ他の方への配慮も
必要ですよね。スマートな対応というのは大変難しいのですが、
善意であっても主張にはそのやり方によって、それなりの責任が
問われるってことで、自戒も込めて注意しておこうと感じました。